知っ得!初期費用っていくら?

知っ得!京都の初期費用の意味は?

京都の場合の賃貸物件の募集条件項目(初期費用、敷金・礼金・etc・・・)についてご紹介いたします。

敷金
家賃滞納などの担保として、大家さんに預けるお金。
基本的に退去時戻ってくるものですが、家賃滞納や、入居者の負担(故意・過失による損傷)でお部屋を補修する必要がある場合は、その費用が敷金から差し引かれます。
最近は敷金0物件もありますよ。

共益費
アパート・マンションの共用部分(廊下・階段・エレベーター等)の維持管理に充当する金額です。
物件によっては水道代込だったりするものもあり、エレベータ付きの物件なんかは高くなります。

仲介手数料
仲介手数料とは、仲介業務をしてもらう不動産業者への手数料です。
仲介手数料は法律で家賃の1ヶ月分以内と決められていますが、京都では家賃の0.5ヶ月分(別途消費税)が相場です。
お部屋探し相談から、大家さんとの交渉、契約手続きなど、入居まで必要なサポートをしてくれます。

前家賃
家賃は先払いで、入居月の日割家賃とその次月分の前家賃が必要です。これも初期費用として予算に組み込むことが賢明です。

火災保険料
火災保険の加入が義務付けられます。内容は、借家人賠償・個人賠償・家財保険の3点セットが基本です。
単身者は1〜1.5万円、ファミリータイプは1.5〜2万円がおおよその相場です。

鍵交換代
物件により鍵シリンダー交換代の負担を契約条件としているものがあります。
相場では1〜1.5万円くらいです。これらの入居条件の確認もお忘れなく。

賃貸保証料
最近は、敷金を無くすことにより保証会社の加入を募集条件としている物件が多くなってきています。
保証会社によって金額が異なりますが、相場では家賃の0.5〜1ヶ月分くらいになります。

引越費用
引越費用は、荷物の量・作業員数・運送距離で基本的に決まります。
しかし、繁忙期・閑散期の違いは大きいようです。業者によっても違いますので、必ず相見積もりをとるようにしましょう。



































































































































































京都市左京区、出町柳での賃貸住宅のお住まい探しは株式会社永都、ミニミニ出町柳店へ。