10:00~19:00
1月~3月:無休、4月~12月:毎水曜日、年末年始、夏季休暇(お盆)

エリア紹介『百万遍エリア』・・・「知恩寺」「京都大学」のおひざ元。

MainTitle

日本の英知の結集『京都大学・吉田キャンパス』

日本屈指の学問と医療の源「京都大学」、歴史と若さを兼ね備えた街。

京都大学の理念は、京都大学は、創立以来築いてきた自由の学風を継承し、発展させつつ、多元的な課題の解決に挑戦し、地球社会の調和ある共存に貢献するため、自由と調和を基礎に、ここに基本理念を定める。・・・とされています。

また、古くは、湯川 秀樹 教授から最近では、赤崎 教授・山中 伸弥 教授まで、多くのノーベル賞受賞者を輩出している大学ですね。その他でも、フィールズ賞をはじめ多方面の受賞者を輩出している大学です。

浄土宗七大本山の一つの『知恩寺』

「浄土宗大本山百萬遍知恩寺」は、浄土宗をお開きになった法然上人が都の人々にお念佛の教えを説かれた「賀茂のかわら屋」が前身となっております。 法然上人がお亡くなりになった後、その弟子で知恩寺の二世勢観房源智上人が、師の亡き後、ここに住し、法然上人の御影堂を建立。恩を知るお寺「知恩寺」と名付けました。

〝ジェイムスキッチン〟・・・学生街の「ハンバーグショップ」ボリューム・種類、満点!

百万遍交差点を北に上がる西側、色々な飲食店が立ち並ぶエリアです。夜はショットバーにもなりそう…。

 

百万遍交差点からちょっと北にいったとこにあるハンバーグ屋さん「ジェイムスキッチン」さんです。

 

ジュージューの鉄板にMサイズでも十分大きなハンバーグが、トマトバジルにして良かった、コッテリしたソースで、この大きさは厳しいかな。ハンバーグは肉汁たっぷり、肉の食感もしっかりあっておいしいです。付け合わせの野菜もポテト、コーン、インゲンと盛りだくさん。

やっぱり学生街の料理屋さんは注意しないと、量が多いですね。

〝進々堂〟1930年創業、店内は時間が止まっているような…。

百万遍交差点を東へ北側、「京都大学エリアのド真ん中」古本屋もあり、京都大学の時間が流れています。

京都百万遍、京都大学本部の北側にある、パンの老舗のカフェ。1930(昭和5)の創業。

ベーカリーショップの東側がカフェになっている。カフェの大きな窓越しに、今出川通りを行き交う車や人が見える。店内は大きな木の机と木の長椅子が、6セットくらい置かれている。

喫茶室の方の扉から店内に入る。奥のテラス席の方に向かって歩き、店内一番奥の席に、入り口側を向いて座る。よく磨かれている木にしみ込んだ油の匂いがイイ。教室の一番後ろの席のようだ。天井も高く、この広々とした空間を楽しむには最適の席でもある。朝や夕方は、他の客も含め、店内が影絵のように見える席でもある。

〝緑壽庵清水〟高級金平糖老舗。弘化四年(1847年)創業。

鞠小路通今出川下ル、人通りこそ少ないですが、「知る人ぞ知る?」高級金平糖の老舗です。

弘化四年(1847年)創業、一種類の金平糖を16日〜20日間かけけ手づくりしている日本で唯一の金平糖専門店です。
出町柳から今出川通り百万遍交差点の一本西寄りの通りを南に下がったところにあります。老舗ならではの店構えでとても京都らしい雰囲気。商品を見て回ると買い求めやすい小袋の各種金平糖が13袋までとの制限があるにも拘らず何種類かは既に売り切れ。その他に高級な茶道専用の金平糖もありましたが、驚くほどの値段・・・。季節毎で色々な種類を楽しんだり、大切な方への贈答に良いと思います。

『百万遍エリア』は、昔は「知恩寺」を中心に、今は「京都大学」を中心に・・・

百万遍交差点、北から西にかけてはスーパー・飲食店等々でとても便利。南から東にかけては昔からの高級住宅街。老若男女、元気な街です。

arrow_upward