10:00~19:00
1月~3月:無休、4月~12月:毎水曜日、年末年始、夏季休暇(お盆)
2016年11月04日
ミニミニFC出町柳店|株式会社 永都のブログ

≪≪≪ 仕事の集中力UPには、90分サイクルで休憩? ≫≫≫

『 お昼間でも人の体は90分おきに休息が必要? 』

ミニミニFC出町柳店|株式会社永都のタカハシです。

今回もブログにお付き合いいただきありがとうございます。

少し気になる情報が・・・「昼間にも人の体は90分ごとに休息を求めている」との内容があり、皆さんにご紹介させていただきます。

◆ 休息=人は皆、夜に睡眠をとり、その睡眠には2種類ある

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類あり、その2種類を繰り返されているのは皆さんもご存知ですよね。

しかし、人の体は夜だけではなく、昼間の活動中にも同様の休息(睡眠)サイクルがあるのをご存知ですか?

その休息サイクルが、皆さんのお仕事の効率・生産性に、大きな影響力を持っているようなんです・・・忙しい毎日の、経営者・ビジネスマンの「休む」という知恵が必要?

◆ 「基礎的休息活動周期」と「ウルトラディアン(縮日)リズム」

ナサエル・クライトマンは、5段階に分かれている90分の睡眠周期に「基礎的休息活動周期」といる名前をつけてから10年後に、人の生体リズムは目覚めている時間帯にも同じような90分の周期があると主張しています。

夜の睡眠では、浅い睡眠から深い睡眠と移行しますが、昼間には注意力のサイクルが、同様に約90分サイクルで訪れるようです。

これは「ウルトラディアン(縮日)リズム」と呼ばれるもので、文字通り「1日より短い」サイクルを意味するようです。

実際に人の体は約90分サイクルで休息を求めているようです。

毎日の日々、特に仕事等に追われている中で私たちは、集中力の途切れ・注意力散漫に遭遇してイライラ感におちいりますよね。

この兆候こそ体が「休息」を求めているサインであり、これを無視してツイツイ頑張りすぎてしまっていますよね。

◆ 優秀な実績を残している人達は、自分の体の周期を直感的に理解しています

最も優秀なバイオリニストの人たちが長くても練習の時間を90分までに制限しているのはそのためとの話があります。

その他、研究者・科学者・スポーツ選手、そしてチェス等の様々な分野の一流の専門家たちは、およそ90分のサイクルで活動し、その後に休憩をとっていることが確認されているようです。

しかし、私もなのですが効率を上げる為には「働く時間を増やすこと」としている方も多いと思います・・どうもこれが、誤った思い込みによる行動のようなんですね。

◆ 仕事効率UPなら、およそ90分に1回の休憩をとる・・・

とは言っても、「とりあえず集中力が切れるまで・切りのいいところまでやってしまいたい・・・」なんて思うのが普通ですよね。

しかし、ある製薬会社の経営幹部の方も半信半疑ながら、午後に20分間の休憩を1回だけ試しに導入したところ、仕事の生産性は大きく変化したとのことです。

皆さんも、試しにご自身のビジネスサイクルの中に、この「90分サイクル」を検証してみてはいかがでしょうか。

私も、知らず知らずのうちにイライラ感が出ているかもしてませんので、周りのことを考えてこの「90分サイクル」を取り入れてみようと思っています。

 

このところ急に季節が変わったように寒くなり、この冬は「厳冬」と聞いています。

くれぐれもお体には気を付けていただき、ご活躍をお祈り申し上げます。

 

https://eito8.jp

arrow_upward